写メ日記 | ダンボール肉まんというパワーワード

ダンボール肉まんというパワーワード

2019/10/17 23:58:07

使われなくなった段ボールを水酸化ナトリウムに浸した水で脱色して紙をボロボロにし、それとひき肉を6:4の割合で混ぜ合わせる。
豚肉の香料を加えて、本物と見分けが付かないように製造されたらしい。


皆さんご存知であろう、ダンボール肉まん。最近私は、いろいろなコンビニで肉まんを食べるのですが、
食べながら、いつも思うのは
(´-`).。oO(これはダンボール肉まんでは、ないよなー、まあそうだよな。。)と1度食べてみたかったの。どのくらいの再現率なのか。


若かりし頃の私に、ダンボール肉まんというパワーワードは、強烈的でした。

コメント一覧

  • かな

    tomoさんへ
    仕事関係の中国人さんが危ないというのだから、危ないのでしょうね、、、
    あっ食べたのですね笑

    なんだか怖くてゾクゾクしますね
    髪の毛はなーなんだか怖いです(›´ω`‹ )

    2019/10/20 02:17:39

  • tomo

    中国に出張すると、屋台が好きで、よく食べてました。でも、仕事関係の中国人から、危ないから食べるなと散々言われてました。食べてたけどね(笑)。

    髪の毛を水酸化ナトリウムで溶かして、塩酸で中和した、人工醤油てのもありますね。

    2019/10/19 02:12:08

コメント投稿

お名前

コメント